PowerCenter Data Integration 10: Developer - Japanese, Professional Certification

Certification Exam | Data Integration | Version 10 | kill Set Inventory

Untitled Document
スキルセットを確認

PowerCenter Data Integration 10: Developer - Japanese, Professional Certification

コース概要

本試験はDesigner, Workflow ManagerやWorkflow Monitorの各ツールを最適に使用するために、基本および詳細レベルでPowerCenterオブジェクトを構築する能力を測定します。さらに、トランスフォーメーションの使用、ワークフローの構築と実行、およびデータ統合開発チームの一員としての能力をさらにテストします

Informatica認定技術者(Informatica Certified Professional (ICP) になるためにテストを受講するには以下の手順に従ってください。 :

  1. Enrollをクリックし、あなたのInformaticaアカウントでログインしてください。
  2. Add to Cartをクリックし、登録/購入を完了してください。
  3. 登録が完了したら、My Trainingへ進み、成績簿(Transcript)を表示してください。
  4. これであなた期限までにいつ、どこでも開始を選択しテストを受講することが可能です。
以下は、試験を受ける前に準備するためのガイドとして使用することができます。試験、試験領域の比重、試験の目的および内容に含まれる技術的なトピックおよび出題領域の概要が含まれています。

Enroll Now

対象

  • PowerCenter Data Integration 開発者 認定技術者の資格取得を目指す方

Prerequisites

The recommended training prerequisites for Professional Certification are the completion of the following Informatica course(s):

スキルセット

受講者は以下のスキルセットを必要とします。:

  • 基本的なマッピング設計
  • 最適なマッピング設計
  • パラメータと変数
  • トランスフォーメーションにおける式の構文
  • トラブルシューティング
  • ワークフローとワークレット
  • アーキテクチャと管理

試験の傾向

試験で出題される傾向は以下の通りです。:

タイトル パーセンテージ
アーキテクチャと管理 3%
基本的なマッピング設計 49%
詳細マッピング設計 14%
パラメータと変数 9%
トランスフォーメーション 9%
トラブルシューティング 7%
ワークフローとワークレット 10%

質問形式

質問の回答は1つもしくは複数選択のいずれかとなります。

 

A passing grade of 70% is needed to achieve recognition as an Informatica PowerCenter Data Integration 10 Developer Certified Professional.

 

試験時間は90分です。試験形式は以下となります:

 

  • 選択問題: 文章を完成させるために最適なオプションを選択する
  • 複数選択: 質問の回答もしくは文章を完成させるために適した項目を全て選択する
  • 正誤問題: 文章や質問を読み、正しいか誤っているかを選択する

試験について

  • 1回の申し込みで1度の受験と、必要に応じて再試験が可能です。
  • 初回の試験で不合格であった場合
    • 試験費用には1度の再試験が含まれます。
    • 不合格である場合、2週間経過した後に再試験を受けることが可能です。
    • ○ 2回以上の再試験は有償となります。

試験項目

本試験には、以下の項目で構成された70の質問が含まれます。各項目のトピックは以下の通りです。

 基本的なマッピング設計

  • PowerCenter Designerツールの使用
  • PowerCenter Workflow Managerツールの使用
  • PowerCenter Workflow Monitorツールの使用
  • ソース修飾子トランスフォーメーション
  • 式トランスフォーメーション
  • アグリゲータトランスフォーメーション
  • ルックアップトランスフォーメーション
  • フィルタトランスフォーメーション
  • ジョイナトランスフォーメーション
  • 共有体トランスフォーメーション
  • アップデートストラテジトランスフォーメーション
  • マプレット
  • ユーザー定義関数
  • アクティブトランスフォーメーションとパッシブトランスフォーメーション

 最適なマッピング設計

  • SQLオーバーライド
  • ストアドプロシージャトランスフォーメーション
  • 接続されていないルックアップトランスフォーメーション
  • XMLトランスフォーメーション
  • HTTPトランスフォーメーション
  • アクティブトランスフォーメーションによるトランザクション管理
  • Javaトランスフォーメーション
  • ノーマライザトランスフォーメーション
  • SQLトランスフォーメーション

 パラメータと変数

  • 変数の割り当て
  • パラメータファイル

 

式の構文

  • トランスフォーメーション関数

 トラブルシューティング

  • 実用的なトラブルシューティング
  • PowerCenter Workflow Monitor
  • ログ管理

 ワークフローとワークレット

  • ワークフロー
  • ワークレット
  • ワークフロータスク

 アーキテクチャ

  • ドメインとノード
  • Informatica PowerCenter コマンド

 

質問の例

トランザクション制御のデフォルトのトランスフォーメーション変数値は、次のどれですか。
A. X TC_COMMIT_BEFORE
B. X TC_COMMIT_AFTER
C. X TC_ROLLBACK_BEFORE
D. 正解 TC_CONTINUE_TRANSACTION
有効なマッピング内で接続されていないトランスフォーメーションは次のどれですか?(1つ選択)
A. 正解 ルックアップ
B. X ルックアップとソース修飾子
C. X ルックアップとトランザクション制御
D. X ルックアップ、ソース修飾子とトランザクション制御
Web Service Hubは1つ以上のPowerCenterリポジトリサービスに紐づけられる
A. 正解 はい
B. X いいえ
すべてのトランスフォーメーションがアクティブになるのは、次のどれですか?
A. 正解 ルータ、アップデートストラテジ、ジョイナ
B. X 式、ルータ、ジョイナ
C. X アップデートストラテジ、式、アグリゲータ
D. X ストアドプロシージャ、ジョイナ、ルータ
Transformation Scopeプロパティを含むトランスフォーメーションはどれですか。
A. X フィルタ、ジョイナ、ランク
B. 正解 アグリゲータ、ジョイナ、ランク、ソータ
C. X 共有体、フィルタ、アグリゲータ
D. X ランク、ルックアップ、アグリゲータ

追加情報

再試験ポリシー: 試験に合格しなかった場合、無償で1度再試験を受けることが可能です。2回目以降の再受験には、別途料金が請求されます。不合格の場合は、2週間以降に再受験してください。

Informatica UniversityにはコミュニティページがありInformatica Network: https://network.informatica.com/welcome でお互いにテストの準備を行うことが可能です。

Informatica認定技術者試験の詳細については、https://www.informatica.com/services-and-training/certification.htmlを参照してください。

最適なトレーニングクラスを見つけるには、このページの上部にあるフォームに入力するか、または弊社 Webサイト( http://www.informatica.com/us/services-and-training/training/ )をご覧ください。オンサイト・クラスの情報については、[email protected] へお問い合わせください。


Enroll Now

 


QUESTIONS?

認定技術者試験 | Data Integration | Version 10 | Skill Set Inventory

受講者は以下のスキルセットを必要とします。:

  • 基本的なマッピング設計
  • 最適なマッピング設計
  • パラメータと変数
  • トランスフォーメーションにおける式の構文
  • トラブルシューティング
  • ワークフローとワークレット
  • アーキテクチャと管理

試験の傾向

試験で出題される傾向は以下の通りです。:

タイトル パーセンテージ
アーキテクチャと管理 3%
基本的なマッピング設計 49%
詳細マッピング設計 14%
パラメータと変数 9%
トランスフォーメーション 9%
トラブルシューティング 7%
ワークフローとワークレット 10%

質問形式

質問の回答は1つもしくは複数選択のいずれかとなります。

A passing grade of 70% is needed to achieve recognition as an Informatica PowerCenter Data Integration 10 Developer Certified Professional.

試験時間は90分です。試験形式は以下となります:
  • 選択問題: 文章を完成させるために最適なオプションを選択する
  • 複数選択: 質問の回答もしくは文章を完成させるために適した項目を全て選択する
  • 正誤問題: 文章や質問を読み、正しいか誤っているかを選択する

試験について

  • 1回の申し込みで1度の受験と、必要に応じて再試験が可能です。
  • 初回の試験で不合格であった場合
    • 試験費用には1度の再試験が含まれます。
    • 不合格である場合、2週間経過した後に再試験を受けることが可能です。
    • 2回以上の再試験は有償となります。

試験項目

本試験には、以下の項目で構成された70の質問が含まれます。各項目のトピックは以下の通りです。

基本的なマッピング設計

  • PowerCenter Designerツールの使用
  • PowerCenter Workflow Managerツールの使用
  • PowerCenter Workflow Monitorツールの使用
  • ソース修飾子トランスフォーメーション
  • 式トランスフォーメーション
  • アグリゲータトランスフォーメーション
  • ルックアップトランスフォーメーション
  • フィルタトランスフォーメーション
  • ジョイナトランスフォーメーション
  • 共有体トランスフォーメーション
  • アップデートストラテジトランスフォーメーション
  • マプレット
  • ユーザー定義関数
  • アクティブトランスフォーメーションとパッシブトランスフォーメーション
最適なマッピング設計
  • SQLオーバーライド
  • ストアドプロシージャトランスフォーメーション
  • 接続されていないルックアップトランスフォーメーション
  • XMLトランスフォーメーション
  • HTTPトランスフォーメーショ
  • アクティブトランスフォーメーションによるトランザクション管理
  • Javaトランスフォーメーション
  • ノーマライザトランスフォーメーション
  • SQLトランスフォーメーション
パラメータと変数
  • 変数の割り当て
  • パラメータファイル
式の構文
  • トランスフォーメーション関数
トラブルシューティング
  • 実用的なトラブルシューティング
  • PowerCenter Workflow Monitor
  • ログ管理
ワークフローとワークレット
  • ワークフロー
  • ワークレット
  • ワークフロータスク
アーキテクチャ
  • ドメインとノード
  • Informatica PowerCenter コマンド

 

質問の例

トランザクション制御のデフォルトのトランスフォーメーション変数値は、次のどれですか。
A. X TC_COMMIT_BEFORE
B. X TC_COMMIT_AFTER
C. X TC_ROLLBACK_BEFORE
D. 正解 TC_CONTINUE_TRANSACTION
有効なマッピング内で接続されていないトランスフォーメーションは次のどれですか?(1つ選択)
A. 正解 ルックアップ
B. X ルックアップとソース修飾子
C. X ルックアップとトランザクション制御
D. X ルックアップ、ソース修飾子とトランザクション制御
Web Service Hubは1つ以上のPowerCenterリポジトリサービスに紐づけられる
A. 正解 はい
B. X いいえ
すべてのトランスフォーメーションがアクティブになるのは、次のどれですか?
A. 正解 ルータ、アップデートストラテジ、ジョイナ
B. X 式、ルータ、ジョイナ
C. X アップデートストラテジ、式、アグリゲータ
D. X ストアドプロシージャ、ジョイナ、ルータ
Transformation Scopeプロパティを含むトランスフォーメーションはどれですか。
A. X フィルタ、ジョイナ、ランク
B. 正解 アグリゲータ、ジョイナ、ランク、ソータ
C. X 共有体、フィルタ、アグリゲータ
D. X ランク、ルックアップ、アグリゲータ

追加情報

再試験ポリシー: 試験に合格しなかった場合、無償で1度再試験を受けることが可能です。2回目以降の再受験には、別途料金が請求されます。不合格の場合は、2週間以降に再受験してください。

Informatica UniversityにはコミュニティページがありInformatica Network: https://network.informatica.com/welcome でお互いにテストの準備を行うことが可能です。
Informatica認定技術者試験の詳細については、https://www.informatica.com/services-and-training/certification.htmlを参照してください。
最適なトレーニングクラスを見つけるには、このページの上部にあるフォームに入力するか、または弊社 Webサイト( http://www.informatica.com/us/services-and-training/training/ )をご覧ください。オンサイト・クラスの情報については、[email protected] へお問い合わせください。

Enroll Now

 


Print Friendly and PDF