IICS: Cloud Data Integration Services - Japanese R36  

onDemand | Cloud Integration | Self-Paced | Release 36

コース概要

Informatica Intelligent Cloud Services(IICS)のアーキテクチャやデータ統合機能、同期タスク、クラウドマッピングデザイナー、マスキングタスク、レプリケーションタスクなどの基礎知識を学びます。このコースを修了すると、ユーザーセキュリティやSecure Agentの操作と管理、IICS のタスクとリソースの監視を行えるようになります。このコースはバージョンR36に対応しています。

コースの内容

このコースを完了すると、以下のことができるようになります:

  • Informatica Cloud アーキテクチャの説明
  • Secure Agentのインストールと接続の作成
  • 同期タスクの作成
  • クラウドマッピングデザイナーを使用したマッピングとマッピングタスクの作成
  • レプリケーションタスクの作成
  • マスキングタスクの作成
  • マスインジェスチョンタスクの作成
  • タスクフローの作成
  • IICS REST Webサービスを使用したデータ統合
  • インテリジェント構造モデルを使用したデータの解析
  • 例外の処理/li>
  • 高度なデータ統合機能を使用したジョブのパフォーマンスの最適化
  • タスクの自動化と監視
  • IICS の高度な管理設定
  • ユーザーとグループの区別
  • IICS でのカスタムロールの設定
  • アセットの管理

対象者

  • デベロッパー/オペレーター

受講条件

  • なし
コース内容
モジュール 1:Informatica Cloudの概要
  • iPaaSソリューションとしてのIICSの紹介
  • Informatica Cloudの用語
  • Informatica Cloudのアーキテクチャ
  • CDIのアセット
  • CDIのコンポーネント
  • ラボ:IICSインターフェースの操作
モジュール 2:ランタイム環境と接続
  • ランタイム環境
  • Secure Agentのアーキテクチャ
  • Secure Agentのステータス
  • エラスティックサーバー
  • Secure Agentのサービス
  • IICSのログファイル
  • 接続
  • 接続のタイプ
  • 接続の作成
  • ラボ:IICS Secure Agentのインストール
  • ラボ:Salesforce接続の作成
  • ラボ:フラットファイル接続の作成
  • ラボ:Oracle接続の作成
モジュール 3:同期タスク
  • 同期タスクの概要
  • 同期タスク – 定義
  • 同期タスク – ソース
  • 同期タスク – ターゲット
  • 同期タスク – データフィルター
  • 同期タスク – フィールドマッピング
  • 同期タスク – スケジュール
  • アクティビティモニター
  • ビデオ:同期タスクの作成
  • ラボ:同期タスクの作成
  • ラボ:同期タスクにおけるフィルタ、式、ルックアップの使用
モジュール 4:クラウドマッピングデザイナー
  • クラウドマッピングデザイナーの概要
  • マッピングデザイナーの用語
  • CLAIREトランスフォーメーション推奨
  • マッピングデータのプレビュー
  • マッピングプレビューのカスタマイズ
  • フィールドルール
  • マッピング作成時のベストプラクティス
  • データフローの実行順
  • マッピングタスク
  • ダイナミックスキーマの変更
  • マッピングの更新・展開
  • ビデオ:シンプルなマッピングの作成
  • ビデオ:マッピングタスクの作成
モジュール 5:クラウドマッピングデザイナー– トランスフォーメーション
  • ソーストランスフォーメーション
  • ターゲットトランスフォーメーション
  • フィルタトランスフォーメーション
  • ジョイナトランスフォーメーション
  • 式トランスフォーメーション
  • ルックアップトランスフォーメーション
  • ユニオントランスフォーメーション
  • マップレット
  • SQLトランスフォーメーション
  • アグリゲータトランスフォーメーション
  • ノーマライザトランスフォーメーション
  • ランクトランスフォーメーション
  • データマスキングトランスフォーメーション
  • Javaトランスフォーメーション
  • ラボ 1:マッピングにおけるクエリの使用
  • ラボ 2:マッピングにおけるノーマライザ、アグリゲータ、ランクトランスフォーメーションの使用
  • ラボ 3:マッピングにおける未接続ルックアップトランスフォーメーションの使用
  • ラボ 4:マッピングにおけるマップレットトランスフォーメーションの使用
モジュール 6:パラメータのマッピング
  • パラメータ化の使用例
  • マッピングへのパラメータの追加
  • パラメータの作成
  • パラメータの種類
  • パラメータファイルの使用
  • マップレットにおける入力出力パラメータ
  • パラメータファイルのディレクトリ
  • パラメータのベストプラクティス
  • ラボ:完全なパラメータ化の実行
  • ラボ:マッピングタスクでのパラメータファイルの使用
  • ラボ:増分データロードでの入力出力パラメータの使用
モジュール 7:式マクロとダイナミックリンク
  • 式マクロ
  • ダイナミックリンク
  • ラボ:マッピングにおける式マクロの使用
  • ラボ:マッピングにおけるダイナミックリンクの使用
モジュール 8:レプリケーションタスク
  • レプリケーションタスクの概要
  • レプリケーションタスクの機能
  • レプリケーションタスク:ソース・ターゲットのオプション
  • その他のオプション
  • ターゲットテーブルのリセット
  • 非固有インデックスの生成
  • 付録:フラットファイルへのデータ複製
  • ビデオ:レプリケーションタスクの作成
モジュール 9:マスキングタスク
  • マスキングタスクの概要
  • マスキングタスク: ソース・ターゲットのオプション
  • データサブセット: 行制限とデータフィルター
  • フィールドマスキングルール
  • マスキングルールの種類
  • マスキングタスクのメタデータの更新
  • マスキングタスクの更新
  • マスキングのベストプラクティス
  • 付録:マスキングタスクの作成
  • ビデオ:マスキングタスクの作成
モジュール 10:マスインジェスチョンタスク
  • マスインジェスチョンタスクの概要
  • 機能
  • マスインジェスチョンタスクの設定
  • ファイルインジェスチョンタスク
  • データベースインジェスチョンタスク
  • ストリーミングインジェスチョンタスク
  • ビデオ:ファイルインジェスチョンタスク
  • ビデオ:データベースインジェスチョンタスク
  • ビデオ:ストリーミングインジェスチョンタスク
  • ラボ:ストリーミングインジェスチョンタスクの作成
 モジュール 11:タスクフロー
  • タスクフローの概要
  • リニアタスクフロー
  • ファイルリスナーの機能強化
  • タスクフローのステップ
  • タスクフローのテンプレート
  • スクフローのパラメータ
  • REST APIの使用
  • ファイルリスナーによるタスクフローの起動
  • ビデオ:リニアタスクフローの作成
  • ラボ:タスクフロー内でのパラメータの受け渡し
  • ラボ:ファイルリスナーによるタスクフローの起動
モジュール 12:階層コネクティビティ
  • Webサービストランスフォーメーション
  • REST V2コネクタ
  • 階層スキーマ
  • 階層パーサートランスフォーメーション
  • 階層ビルダートランスフォーメーション
  • ラボ:REST V2コネクタを使ったマッピングの作成
  • ラボ:マッピングにおけるWebサービストランスフォーメーションの使用
  • ラボ:階層パーサーと階層ビルダートランスフォーメーションの使用
モジュール 13:インテリジェント構造モデル
  • インテリジェント構造モデル
  • インテリジェント構造の検出プロセス
  • インテリジェント構造の例
  • 検出された構造の改良
  • インテリジェント構造モデルの編集
  • XSDベースのインテリジェント構造モデル
  • 構造パーサートランスフォーメーションにおけるインテリジェント構造モデルの使用
  • ラボ:インテリジェント構造モデルの作成
  • ラボ:マッピングにおける構造パーサートランスフォーメーションの使用
モジュール 14:高度タスク設定とパフォーマンス調整
  • 主キーチャンク
  • ルックアップSQLオーバーライド
  • パーティションの概要
  • パーティションの種類
  • パーティションのルールとガイドライン
  • プッシュダウンの最適化の概要
  • プッシュダウンの最適化の種類
  • プッシュダウンの最適化のユーザー定義のパラメータ
  • Secure Agentのグループ
  • Secure Agentのグループの共有
  • DTMパフォーマンスプロパティ
モジュール 15:例外処理
  • 例外の種類
  • ユーザー定義の例外
  • 非致命的例外
  • デフォルトのフィールド値設定
  • 行エラーログ
  • エラー処理設定
  • 致命的例外
  • 不良ファイルまたは拒否ファイル
  • ラボ:非致命的エラーを処理するためのマッピングの作成
モジュール 16:管理
  • ライセンス
  • 管理サービス
  • ユーザーロール(システム定義の役割とカスタムロール)
  • ユーザーの作成
  • ユーザーグループ
  • ユーザー統計
  • アクセス権
  • オブジェクトレベルの権限
  • 組織の階層
  • サブ組織
  • アセットのインポートとエクスポート
  • アセットへの依存
  • アドオンバンドル
  • ラボ:Informatica Cloudの組織の管理設定
  • ラボ:サブ組織の作成とアセットのインポート/エクスポート
  • ビデオ:サブ組織の作成とアセットのインポート/エクスポート
モジュール 17:タスクの自動化とモニタリング
  • スケジュール
  • スケジュールの繰り返し頻度
  • ブラックアウト期間の設定
  • スケジュールのエクスポート
  • タスクの監視
  • メール通知
  • イベントの監視
  • ラボ:スケジュールの作成
モジュール 18:IICSのAPI
  • REST APIの概要
  • Informatica Cloud REST API
  • REST APIのバージョン
  • リクエストヘッダーとリクエストボディの構成
  • リターンリスト
  • ビデオ:RunAJobユーティリティ
  • ラボ:REST APIを使ったマッピングタスクの実行
モジュール 19:SAML設定
  • Security Assertion Markup Language (SAML)の概要
  • SAMLの要件
  • SAMLの制限
  • SAMLの設定
モジュール 20:Discovery IQ
  • Informatica Discovery IQとは
  • Discovery IQの機能
  • ビデオ:Discovery IQインターフェースのエクスポート
Enroll Now

Back to Course Overview

Power User Axon for Community Users (Instructor Led or onDemand) Axon Content Curation (Instructor Led) Axon for Power Users (Instructor Led) Axon Data Governance (Professional Certification) Axon Data Governance (Professional Certification) Axon Data Governance (Professional Certification) Some more content to make this bigger asdf asdf asdf

Informatica offers programs to extend learning in convenient and economic packages. Programs include self-paced subscriptions as well as bundled instructor led training and certifications. Each program is curated around a specific skillset to enable customer success.

365University Data Governance Annual Subscription

Informatica MasterPass Education Subscription

Informatica Learning Library

Data Governance & Privacy Journey Master

View Full Course Offerings