View Course Agenda

IICS: クラウドデータ統合サービス (Cloud Data Integration Services)

onDemand | Cloud | Self-Paced | Release 32

IICS: クラウドデータ統合サービス (Cloud Data Integration Services)

コース概要

本コースでは、アーキテクチャ及びデータ統合機能、同期タスク、Cloud Mapping Designer、マスキングタスク、レプリケーションタスクなどのInformatica Intelligent Cloud Services(IICS)の基礎を学びます。 このコースを修了することにより、IISにおけるユーザーセキュリティ及びSecure Agentの操作と管理、タスクとリソースの監視を行うことができます。 本コースは、バージョンR32に対応しています

Enroll Now 

目標

本コース修了後、参加者は以下のことができるようになります:

  • Informatica Cloud Architectureの説明
  • Secure Agentのインストールと接続作成
  • 同期タスクの作成
  • マッピング及びマッピングタスク作成におけるCloud Mapping Designerの使用
  • レプリケーションタスクの作成
  • マスキングタスクの作成
  • マスインジェスチョンタスクの作成
  • タスクフローの作成
  • データ統合におけるIICS RESTウェブサービスの使用
  • 例外の処理
  • ジョブパフォーマンス最適化のための高度データ統合機能の使用
  • タスクの自動化・監視
  • IICSにおける高度管理設定
  • ユーザーとグループの区別
  • IICSにおけるカスタムロールの設定
  • SAML設定
  • 統合プロセスの管理、監視及びトラブルシューティングのためのDiscovery IQの使用

対象者

  • デベロッパー/オペレータ

前提条件

  • なし

コース内容

Module 1: Informatica Cloudの概要

  • iPaaSソリューションとしてのInformatica Intelligent Cloud Services (IICS)
  • Informatica Cloudの用語
  • Informatica Cloudのアーキテクチャ
  • CDIのアセット
  • CDIのコンポーネント
  • Lab: IICSのインターフェース をナビゲートする

Module 2: ランタイム環境と接続

  • ランタイム環境
  • Secure Agentのアーキテクチャ
  • IICSログファイル
  • 接続
  • 接続のタイプ
  • 接続の作成
  • Lab: Salesforce接続の作成
  • Lab: Flat File接続の作成
  • Lab: Oracle接続の作成

Module 3: 同期タスク

  • 同期タスクの概要
  • 同期タスク – 定義
  • 同期タスク – ソース
  • 同期タスク – ターゲット
  • 同期タスク – データフィルター
  • 同期タスク – フィールドマッピング
  • 同期タスク – スケジュール
  • アクティビティモニター
  • Lab: 同期タスクの作成
  • Lab: 同期タスクにおけるフィルター、式、ルックアップの使用
  • Lab: 複数のオブジェクトソースタイプから成る同期タスク
    の作成
  • Lab: 同期タスクにおけるプレ・ポストSQLコマンドの使用

Module 04: Cloud Mapping Designer – 基本的なトランスフォーメーション

  • Cloud Mapping Designerの概要
  • CLAIREトランスフォーメーションの推奨事項
  • Mapping Designerの用語
  • ソーストランスフォーメーション
  • ターゲットトランスフォーメーション
  • フィルタートランスフォーメーション
  • ジョイナートランスフォーメーション
  • 式トランスフォーメーション
  • ルックアップトランスフォーメーション
  • フィールドルール
  • マッピング作成におけるベストプラクティス
  • Lab: 基本的なトランスフォーメーションを使用したマッピン
    グ作成

Module 5: 高度トランスフォーメーションとマッピングタスク

  • アグリゲータトランスフォーメーション
  • ノーマライザートランスフォーメーション
  • Javaトランスフォーメーション
  • SQLトランスフォーメーション
  • Unionトランスフォーメーション
  • ルックアップトランスフォーメーション
  • ランクトランスフォーメーション
  • シーケンスジェネレータトランスフォーメーション
  • データマスキングトランスフォーメーション
  • マッピングタスク
  • Lab: マッピングタスクにおけるノーマライザー、アグリゲー
    タ、ランクトランスフォーメーションの使用
  • Lab: マッピングタスクの作成
  • Lab: 非接続ルックアップトランスフォーメーションを使用した
    マッピングの作成
  • Lab: SQLトランスフォーメーションを使用したマッピングの作成

Module 06: パラメータのマッピング

  • パラメータ化の使用例
  • マッピングへのパラメータ追加
  • パラメータ作成
  • パラメータのタイプ
  • パラメータファイルの使用
  • パラメータのベストプラクティス
  • Lab: 完全パラメータ化
  • Lab: マッピングタスクにおけるパラメータファイルの使用
  • Lab: 増分データローディングにおける入出力パラメータの使用

Module 7: 式マクロとダイナミックリンク

  • 式マクロ
  • ダイナミックリンク
  • Lab: マッピングにおける式マクロの使用
  • Lab: マッピングにおけるダイナミックリンクの使用

Module 8: レプリケーションタスク

  • レプリケーションタスクの概要
  • レプリケーションタスクの機能
  • レプリケーションタスク: ソース・ターゲットのオプション
  • ほかのレプリケーションタスクオプション
  • ターゲットテーブルのリセット
  • 非一意インデックスの生成
  • Lab: フラットファイルへのデータ複製

Module 9: マスキングタスク

  • マスキングタスクの概要
  • マスキングタスク: ソース・ターゲットのオプション
  • データサブセット: 行制限とデータフィルター
  • フィールドマスキングルール
  • マスキングルールのタイプ
  • マスキングタスクのメタデータの更新
  • マスキングタスクのリセット
  • マスキングのベストプラクティス
  • Lab: マスキングタスクの作成

Module 10: マスインジェスチョンタスク

  • マスインジェスチョンタスクの概要
  • マスインジェスチョンタスクの機能
  • マスインジェスチョンタスクの設定

Module 11: タスクフロー

  • タスクフローの概要
  • 線形タスクフロー
  • タスクフローのテンプレート
  • REST APIの使用
  • ファイルリスナーによるタスクフローの呼び出し
  • Lab: 並列タスクフローの作成
  • Lab: タスクフローにおける入出力パラメータの送信
  • Lab: ファイルリスナーによるタスクフローの呼び出し

Module 12: 高度オプション

  • 主キーチャンキング
  • ルックアップSQLのオーバーライド
  • Lab: ルックアップトランスフォーメーションにおけるSQLオーバーライド設定
  • Lab: 同期タスクにおける主キーチャンキングの使用

Module 13: 階層コネクティビティ

  • ウェブサービストランスフォーメーション
  • REST V2コネクタ
  • 階層スキーマ
  • 階層パーサートランスフォーメーション
  • 階層ビルダートランスフォーメーション
  • Lab: REST V2コネクタを使用したマッピング作成
  • Lab: マッピングにおけるウェブサービストランスフォーメーションの使用
  • Lab: 階層パーサートランスフォーメーションを使用したマッピング作成
  • Lab: 階層ビルダートランスフォーメーションを使用したマッピング作成

Module 14: インテリジェント構造モデル

  • インテリジェント構造モデルの概要
  • インテリジェント構造ディスカバリープロセス
  • インテリジェント構造の例
  • 検知した構造の改良
  • インテリジェント構造モデルの編集
  • 構造パーサートランスフォーメーションにおけるインテリジェント構造モデルの使用
  • Lab: インテリジェント構造モデルの作成
  • Lab: マッピングにおける構造パーサートランスフォーメーションの使用

Module 15: IICSのAPI

    • REST APIの概要
    • Informatica Cloud REST API
    • REST APIのバージョン
    • 要求ヘッダーと要求ボディの設定
    • リストを返す
    • RunAJobユーティリティ
    • Lab: REST APIを使用したマッピングタスクの実行

Module 16: 例外の処理

  • 例外のタイプ
  • ユーザー定義の例外
  • 非致命的例外
  • デフォルトのフィールド値設定
  • 行エラーロギング
  • エラー処理の設定
  • 致命的例外
  • 不良ファイルまたは拒否ファイル
  • Lab: 非致命的エラーを処理するマッピングの作成


Module 17: パフォーマンスチューニング

  • パーティションの概要
  • パーティションのタイプ
  • パーティションのルールとガイドライン
  • プッシュダウン最適化の概要
  • プッシュダウン最適化のタイプ
  • クロススキーマ・プッシュダウン最適化
  • ユーザー定義のパラメータのプッシュダウン最適化
  • プッシュダウン対応接続
  • Secure Agentグループ
  • 複数のエージェントを含むSecure Agentグループ
  • 共有されたSecure Agentグループ
  • DTMパフォーマンスプロパティ
  • Lab: マッピングにおけるパーティションの使用
  • Lab: マッピングにおけるプッシュダウン最適化の使用

Module 18: タスクの自動化とモニタリング

  • スケジュール
  • 繰り返し頻度のスケジュール
  • ブラックアウト期間のスケジュール
  • タスクのモニタリング
  • メール通知
  • イベント監視
  • Lab: スケジュールの作成

Module 19: 管理

  • ライセンス
  • 管理サービス
  • ユーザーロール(システム定義のロールとカスタムロール)
  • ユーザーの作成
  • ユーザーグループ
  • アクセス権
  • オブジェクトレベルのアクセス権
  • 組織階層
  • サブ組織
  • アセットのインポート/エクスポート
  • アドオンバンドル
  • Lab: Informatica Cloudの組織の管理設定
  • Lab: サブ組織の作成とアセットのインポート/エクスポート

Module 20: SAML設定

  • Security Assertion Markup Language (SAML)の概要
  • SAMLの要件
  • SAMLの制限
  • SAMLの設定

Module 21: Discovery IQ

  • Informatica Discovery IQについて
  • Discovery IQの機能一覧
 
Enroll Now 

Back to Course Overview


QUESTIONS?

onDemand | Cloud | Self-Paced | Release 32

Print Friendly and PDF