View Course Agenda

デベロッパー向けクラウドアプリケーション統合サービス(Cloud Application Integration Services for Developers

onDemand | Cloud | Self-Paced | Version R32

デベロッパー向けクラウドアプリケーション統合サービス(Cloud Application Integration Services for Developers)

コース概要

アプリケーションやシステムを統合するのに必要なスキルを習得し、オンプレミス及びクラウド環境からデータにアクセスできるプロセスデザイナーを使用してビジネスプロセスを展開し、それらのプロセスを複合APIとして公開します。本コースは、Informatica Intelligent Cloud Services (IICS)内のクラウドアプリケーション統合製品向けです。本コースは、バージョンR32に対応しています。

Enroll Now 

目標

本コース修了後、参加者は以下のことができるようになります:

  • Informatica Intelligent Cloud Services (IICS)とCloud Application Integration (CAI)の説明
  • プロセスとガイドの説明
  • サードパーティ製アプリケーションとREST/SOAPサービスの使用
  • エラー処理ルーティーンの確立
  • 開発したアセットをAPIエンドポイントとして公開
  • API管理

対象者

  • デベロッパー

前提条件

  • なし

コース内容

Module 1: クラウド統合の概要

  • クラウド統合
  • クラウド統合の重要性
  • Informatica Intelligent Cloud Services (IICS)について
  • Cloud Application Integration (CAI)と用語
  • ラボなし

Module 2: 基礎を理解する:プロセスデザイナー

  • プロセス
  • プロセスデザイナー
  • プロセスのステップ
  • ラボなし

Module 3: アセットの作成:プロセス、接続、サービスコネクタ、およびプロセスオブジェクト

  • CAIのアセット
  • Lab: 接続の作成
  • Lab: サービスコネクタの作成
  • Lab: プロセスオブジェクトの作成
  • Lab: アカウント請求書処理サービス

Module 4: 接続とサービスコネクタ

  • AMQP接続
  • Kafka接続
  • RabbitMQ接続
  • ラボなし

Module 5: プロセスへのウェブサービス追加

  • RESTベースのサービスコネクタ
  • 同期及び非同期ウェブサービス呼び出しプロセス
  • Lab: 同期ウェブサービス呼び出し
  • Lab: 非同期ウェブサービス呼び出し

Module 6: ガイドデザイナー

  • ガイドデザイナー
  • プロセスデザイナーとガイドデザイナー
  • ラボなし

Module 7: 障害の処理

  • 障害の処理
  • 障害の処理の重要性
  • 障害の処理の技術
  • Lab: エラー処理

Module 8: APIマネージャー

  • リアルタイムAPI
  • APIマネージャー
  • APIマネージャーの重要性
  • APIレジストリ
  • 管理API

Module 9: APIポータル

  • APIポータル
  • APIグループ

Module 10: ベストプラクティス

  • アセットの管理
  • 保守性のプロセス
  • アセットを使用する際の制限と回避策の推測
  • ラボなし
 
Enroll Now 

Back to Course Overview



QUESTIONS?

onDemand | Cloud | Self-Paced | Version R32

Print Friendly and PDF